FC2ブログ

カワセミ

動きの見えない、近くの公園のカワセミですが、今日も、雄が、お魚を咥えて、やってきました (^_-)-☆

その後、巣穴に入らず、また、反対側に飛んでいきます。

今日も、しばらくすると、雌が、追っかけて行きますので、求愛給仕が、始まったのかもしれないと、探しましたが、葉っぱの陰で、よくわかりません。

ただ、2羽、仲良く、止まっていますので、どうやら、3番子の確率が高いです (^^♪



















一部、トリミングしていますが、画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。
スポンサーサイト



カワセミ

動きの見えない、近くの公園のカワセミですが、今日は、雄が、お魚を咥えて、やってきました (^_-)-☆

さては、雛が孵って、給餌が始まったのかと思いきや、巣穴に入らず、反対側に飛んでいきます。

どうなっているのだろうと見ていますと、しばらくして、雌が、追っかけて行きますので、求愛給仕が、また、始まったのかもしれないと、探しました。

結局、分かりませんでしたが、そんな気になって、雄の嘴の先を見ると、何となく、土がついているようにも、見えます。

2番子は、失敗したようですが、3番子に挑戦中なのでしょうか (^^♪






















一部、トリミングしていますが、画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

カワセミ

7月13日ごろ、雛が誕生し、8月6日ごろには、二度目の巣立ちが期待された、近くの公園のカワセミですが、7月の中ごろから、動きが、何となく、変になりました (^_-)-☆

巣穴の前に、雄がやって来ても、雌が、巣穴から現れず、そのうち、諦めて、雄が居なくなります。

何となく、雌は、未だ、長い間、巣穴の中にこもっているようですが、雄が、お魚を咥えて、やって来ている様子も、見られません。

そう言えば、何年か前、抱卵期間が過ぎた後、未授精卵だったようで、卵の殻を加えて出てきたのを見たと、Tさんが、言われていました。

今日は、7月29日ですので、遅れているのにしては、遅すぎますね (^^♪






















一部、トリミングしていますが、画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

アオバズクの雛

朝、6時に、いつものメンバーと、ヨシゴイを探しに、岸和田まで、出かけましたが、影も形もなく、すごすご、引き上げてきました (^_-)-☆

不調続きの、このメンバー、何とか、起死回生を狙いたい所ですが、疲れで、うとうとしているところに、Fさんから、アオバズクの雛が、3羽そろっていると、連絡いただきました。

大慌てで、他のメンバーにも、連絡し、大急ぎで、新宮まで出かけますと、ありがたいことに、Fさんが、お待ちくださって、雛の止まっているところを、教えてくださいます。

前回、岸和田に出かけたとき、あまりの暑さに、双眼鏡を置き忘れてきましたので、どうして、探そうかと、心配していましたが、日没前にもかかわらず、すぐに、見つけることができました。

いつも、Fさんには、本当に、ご親切なご指導をいただき、感謝感謝です (^^♪



















ところで、きっと、疲れておられたのでしょう、3人のうち、お1人は、お越しになられませんでした。

トリミングしていますが、画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

ヨシゴイ

岸和田の池に居るヨシゴイは、去年から、2年越しのねらい目です (^_-)-☆

この時期、UVカットの日傘と麦わら帽子で、完全武装し、ペットボトル3本を持って、お出ましを待ちましたが、3時間が限度です。

その間、餌やりに、やって来たのは、1回でした。

朝方は、45分から、1時間おきに、見られたそうです

それでも、初見初撮りの証拠写真だけは、撮れました (^^♪






















トリミングしていますが、画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

ソリハシシギ

昨日、久しぶりに、捉えたクロサギの近くにやって来た、ソリハシシギです (^_-)-☆

生憎のお天気で、しかも、距離が遠く、恥ずかしながら、証拠写真的です (^^♪



















トリミングしていますが、画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

クロサギ

昨年の10月以来、久しぶりのクロサギです (^_-)-☆

しかも、加古川で、初めて見た、クロサギです。

午前中に、お電話いただきながら、丁度、友人と昼食中で、気付かず、現地に到着したのは、14時30分で、みなさん、撤退準備中です。

それでも、待っていてくれたようで、最後は、激写できました (^^♪




























一部トリミングしていますが、画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

アオバズク

そろそろ、雛の巣立ちかもしれないと、お隣のまちの神社に出かけました (^_-)-☆

着いてしばらくすると、Hさんもやって来られ、一緒に探します。

いつも、雄が居るところに、産毛を見せた鳥が止まっているので、一瞬、雛かと思いましたが、強風で、羽が巻き上がっているだけでした。

どうやら、巣立ちは、明日以降です。

それでも、今季、初めて、雌が撮れたので、大満足です (^^♪












○雌も、巣穴から出てきましたので、巣立ちは近いでしょう。







ノートリミングです。画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

サンコウチョウ

なかなか、難しいお隣のまちの、サンコウチョウですが、水浴びにやって来るポイントを教えていただいて、そこで、静かに待つことにしました (^_-)-☆

不味いと、夕方近くまで、待たないと現れないそうですが、今日は、うまく、お昼過ぎまでに、雄も、雌も、現れてくれました。

ただ、暗くて、なかなか、感度が上がりませんので、正直、ザラザラです。

それでも、アイリングも、写っていますので、大満足です (^^♪




























一部、トリミングしていますが、画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

カワセミ

0時30分過ぎに、雄がやってきましたが、なぜか、雌と交代しませんでした (^_-)-☆

いずれにしろ、まだ、抱卵中です (^^♪










一部トリミングしていますが、画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

アオバズク

その後、5日過ぎましたので、ひょっとして、例のアオバズクの雛が、巣穴から覗いていないか、確かめに、出かけました (^_-)-☆

雄の止まっていた場所が、前回と違って、西側に移っています。

しばらくして、やって来られた方に、お訊ねすると、「これだけは、毎日、覗く以外、イイ方法は、ないですね(^^♪」とのことです。

ただ、感じからすると、もう、2・3日のような気がしますと教えてくださいました。

来週が、楽しみです (^^♪



















ノートリミングです。画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

カワセミ

先日から、何度も覗いていますが、一度もお目にかかれません (^_-)-☆

午前中、覗いておられたTさんのお話では、10時過ぎに、雄がやってきましたが、交代せずに、行ってい待ったようで、とても、心配されています。

そんな訳で、1時から、交代して、待っていますと、2時前に、雌が巣穴から飛び出して、水浴びをした後、飛び去ります。

それから、5分もしないうちに、雄がやって来て、いつもの枝に止まった後、巣穴に入って行きました。

心配しましたが、順調に、抱卵中のようです (^^♪
















そんなこんなで、近頃は、どなたも居られません。

ノートリミングです。画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

アネハヅル

お隣の県の水田に、ユーラシア大陸に広く分布し、越冬のため、8千メートル級のヒマラヤ山脈を越えて、南方に向かうことで知られる「アネハヅル」が、居ると聞いて、雨にもかかわらず、出かけました (^_-)-☆

いつものメンバイーのうち、Hさんは、すでにお出かけでしたので、TさんとTuさんにお願いして、ご一緒いただきました。

予報通り、朝から、雨が降っていましたが、お昼ごろには、小雨になるそうです。

雨対策は立てたものの、日本海新聞のネットニュースでは、3日に目撃され、4日、5日、6日と滞在しているそうですが、果たして、今日まで、待っていてくれるかは、はなはな、疑問です。

10時過ぎに、到着して、心配しながら、それらしい場所を探してみますと、なんと、10台近くの車が止まった先に、沢山のカメラが並んで居るのが見えます。

大急ぎで、近付いてみますと、田んぼの中で、ゆったりと、羽繕いしています。

それから、2時間近く、傘をさしたまま、シャッターを切りまくりました (^^♪





































ノートリミングです。画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

アオバズク

お隣のお隣のまちの八幡神社には、地上1mのところまで癒着(ゆちゃく)している、珍しい、ムクノキとケヤキがあります (^_-)-☆

樹齢400年と言われていますが、この木に、大きな洞(うろ)があり、今年は、フクロウに続いて、アオバズクが巣をつくったと聞いて出かけてきました。

現在、雌は、抱卵中だそうで、雄が、しっかりと、巣穴を見張っています。

この後しばらくして、雌が、巣穴から、出てくると、雛の巣立ちが近いそうです (^^♪









○左がムクノキで、右がケヤキ木です。












○ちょうど、洞(うろ)の正面のところから、雄は、見張っています。



○洞は、こんな感じでです。



○位置関係は、こんな風で、右上の雄が、左下のぼんやりとした黒い部分の洞を見張っています。

ノートリミングです。画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

コアジサシ

チャンスは、海開きが始まるまでと、教えていただいて、大急ぎで、お隣のお隣のまちの浜へ、コアジサシの雛を探しに出かけました (^_-)-☆

前回と比べると、随分、少なくなっていますが、それでも、まだ、たくさんのカップルが、営巣中です。

求愛給仕中のカップルもいますが、多くの巣では、もう、雛が孵っているようです。

なかでも、お母さんのお腹の下から、顔を出して、お父さんから、お魚をもらっている姿が、微笑ましいです (^^♪



○足元に、卵が見えます。






○求愛給仕です。






○可愛い雛です。









○求愛給仕です。









○雛に餌を与えています。




トリミングしていますが、画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

大工のげん

Author:大工のげん
加古川の野鳥(新別館)へ、ようこそ!
デジスコ、デジイチ、デジカメ、ミラーレスで、野鳥写真を撮っています(^^♪

検索フォーム
加古川の野鳥(新別館)訪問者数
2019年3月19日開設以降の訪問者数です。
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR