FC2ブログ

サシバ

Mさんから、お隣のお隣のまちの森の公園近くの田んぼで、サシバ、アオゲラ、ホトトギス、カワセミ、イカル、キビタキ、キジ、ヤマドリが見られたと、教えていただいて、出かけました (^_-)-☆

何より、ヤマドリが、魅力的でしたが、撮れたのは、サシバとカワセミで、アオゲラ、ホトトギス、キビタキは、鳴き声だけです。

それでも、久しぶりの鳥見に、大喜びで、帰ってきました。

何とか、ヤマドリを見たいものです (^^♪
















トリミングしていますが、画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。
スポンサーサイト



サンコウチョウ

なかなか、難しいお隣のまちの、サンコウチョウですが、今日も、朝から、出かけました (^_-)-☆

暗い、速い、遠い、枝かぶりの、難解四重奏で、カメラチャンスは、何回かありましたが、ゲットできたのは、ただの2回です。

しかも、ISOが、上がり過ぎて、画質が、ザラザラの、ただの証拠写真です。

せめて、巣が見つかると、もう少し、チャンスが益すのですが。。。 (^^♪







大きくトリミングしています。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

カワセミ、キビタキの幼鳥、サンコウチョウ

三連敗中ですが、皆さんの頑張りに発奮して、また、また、サンコウチョウを探しに出かけました (^_-)-☆

午前中、近くの公園で、カワセミの様子を見ていますと、どうやら、抱卵が始まった感じです。

30分以上、巣穴に入ったままですので、このまま、順調に、進みますと、7月13日ごろに、雛が誕生し、8月6日ごろには、巣立ちが期待できます。

ところで、サンコウチョウの方は、鳴いているのですが、なかなか、下の方へ降りてくれず、カメラチャンスは、帰り間際に、1回だけでした。

明日も、頑張って、再挑戦の予定です (^^♪












○キビタキの幼鳥



○今季初撮りのサンコウチョウです(^_-)-☆

トリミングしていますが、画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

カワセミのカップル

2回目の子育てに挑戦中のカワセミのカップルです (^_-)-☆

昨日・今日の動きを見ていますと、どうやら、巣穴の清掃は、一段落したようです。

いよいよ、産卵かという状態になりましたが、お聞きすると、1日おきに、1個ずつ、3~5個産むそうです。

それから、抱卵が始まり、どうやら、約20日ぐらいで、孵化するようで、その後、約24日間は、巣穴で生活するようです。

今回も、無事に、巣立ってくれることを、祈っています (^^♪



○カワセミの雄です。









○カワセミの雌です。







今日のカップルの姿ですが、久しぶりに、デジスコで、撮ってみました。

ノートリミングです。画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

求愛給仕

6月15日、ラブシーンを、繰り広げたサービス精神満点のカワセミのカップルが、今日は、池の中央で、求愛給仕を見せてくれました (^_-)-☆

大きなお魚をくわえてきた雄が、飛んできた雌に、丁重に、差し出しますと、喜んだ雌は、嬉しそうに、口を開けます。

その口に、しっかりと、渡して、受け取ってくれたのを確認すると、雄は、すうっと、背中を延ばして、例の王様ポーズです。

その側で、お魚を受け取った雌は、ひと口に、飲み込んだ後、ありがとうのお礼のご挨拶です。

その後、雄は、再び、お魚取りに、飛び去りましたが、雌は、しばらく、その枝に、止まったままです。

何となく、人間社会の男と女の関係を、表示しているようです(^^♪








































トリミングしていますが、画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

カワセミの雛とエナガ、メボソムシクイ

カワセミの動きを観察しているとき、1羽だけ、雛が帰って来ているのが解りました (^_-)-☆

撮り比べると、色が地味目で、やや、小さい感じですが、飛び方などは、親と遜色がありません。

そのうち、池の中の木に、混群がやって来て、かなり、近くに止まってくれます。

シジュウカラ、ヤマガラ、エナガなどですが、その中に、羽色の違う、鳥が居ますので、シャッターを切りますと、メボソムシクイでした。

こんな風に、見下ろすアングルで、メボソムシクイを撮ったのは、初めての気がします(^^♪



○親に比べると、何となく、幼い感じがします。



○父親です。









○こんなアングルで、メボソムシクイを撮ったのは初めての気がします。













残りの3羽の雛は、何処へ行ったのでしょう?

トリミングしていますが、画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

カワセミのラブシーン

カワセミの雛が巣立ちしたのは、6月11日です (^_-)-☆

4日経ちましたが、果たして、もう、自立しているのでしょうか。

そんな心配をさせるように、昨日から、カワセミのカップルが、また、熱いラブシーンを繰り広げているそうです。

今日の午前中も、アツアツだったようですが、午後、出かけてみますと、4時前に、巣穴近くで、ラブシーンを見せつけてくれました。

12枚の連射写真ですが、このカメラの機能から、逆算すると、2秒間のラブシーンでした (^^♪





































トリミングしていますが、画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

カワセミの雛の巣立ち

やっというか、今朝、カワセミの雛が、無事、巣立ちました (^_-)-☆

朝、6時に出かけてみますと、すでに、Kさんが来ておられて、1羽目が巣だったと教えてくださいます。

大急ぎで、証拠写真をゲットすると、毎日、交代で、カワセミを守ってくださった、Tuさん、Tさん、Fさんなどに、連絡を入れました。

その後、野暮用があって、一旦、撤退し、再度、出かけてみますと、巣だった雛の数は、4羽だそうです。

小雨交じりの中で、巣だった雛を探してみますと、4羽は並んではくれませんでしたが、なんとか、3羽並んだところや給餌の様子を撮らせてくれました。

たしかに、待ちくたびれましたが、さて、明日からは、どうすればいいのでしょう (^^♪

























一部、トリミングしていますが、画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

コアジサシ

カワセミの雛の動きを観察しながら、その合間を縫って、お隣のお隣のまちの海岸に出かけました (^_-)-☆

Nさんから教えていただいたコアジサシのコロニーの写真を撮るためです。

卵が孵化して、雛も見られるとのことでしたが、残念ながら、見つけることができませんでした。

海開きが始まるまでが、勝負だそうです (^^♪















○このカップルは、餌渡しをしています。









○コアジサシの卵です。



○卵を温め始めました。










ノートリミングです。画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

カワセミの餌運びと水浴びⅤ

今日も、カワセミのカップルが、仲良く、餌運びをしています (^_-)-☆

個人的には、都合が良かったのですが、みなさん、待ちぼうけで、お疲れ気味です

それだけ、雛の食欲が旺盛なのでしょう、運んで来たお魚も、カワセミの身の丈に余るほど、大きいです。

これでは、未だ、明日も、待ちぼうけでしょう (^^♪




































○この写真は、双方向ワイヤレス通信ができるWi-Fi機能を使って、スマートフォンで、撮ってみました(^_-)-☆

トリミングしていますが、画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

カワセミの餌運びと水浴びⅣ

今日も、朝5時から出かけましたが、予想に反して、ヒナの巣立ちは見られません。

いつものように、10分から15分ごとに、やってきては、巣穴に餌を運び込んでいます。

その後、止まり木に泊まって、何回か、水浴びをすると、また、エサ取りに出かけていきます。


この動画は、6月1日の撮影したものです。

「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

カワセミの餌運びと水浴びⅢ

今日も、カワセミのカップルが、仲良く、餌運びをしています (^_-)-☆

ただ、餌運びの間隔が長くなったり、長い間、止まり木に止まっていたりして、若干、巣立ちを促しているようにも、見えなくはありません。

そんな訳で、なかなか、目が離せないのですが、期待も込めて、明日は、見られるだろうと、思っています。

土日の巣立ちだと、何とも、できません (^^♪

























トリミングしていますが、画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

カワセミの餌運びと水浴びⅡ

今日も、カワセミのカップルが、仲良く、餌運びをして、雛の巣立ちの動きが見られません (^_-)-☆

時たま、餌運びの間隔が長くなる時もありますが、特段、巣立ちを促す感じでもないようです。

何度も、目の前を飛び過ぎていきますので、ダイナミックAF51点に設定して、オートフォーカスで撮る練習をしてみました、。

Gさんのアドバイスでは、百回シャッターを切って、5枚も合点していれば、上出来で、とにかく、シャッターを切らないと写りませんよ、ということです。

結構、画像処理していますが、とにかく、5枚写っています (^^♪



















トリミングしていますが、画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

カワセミの餌運びと水浴び

今日も、カワセミのカップルが、仲良く、餌運びをしています (^_-)-☆

そして、餌運びが終わると、巣穴の近くの枝に止まって、水浴びをします。

お聞きすると、カワセミの巣穴の中は、とても、汚れているそうで、水浴びをしないと、やっておれないそうです。

ところで、ヘビの脅威ですが、Tさん達の献身的なご努力の結果、昨日と今日は、嬉しいことに、1匹も現れていません。

その一方、カメラマンは、さらに増えて、30名に、届こうとしています。

マニュアルフォーカスで、置きピンして、撮ってみました (^^♪



○巣穴へまっしぐらです(^^♪


















○巣穴から出てくると、そのまま水浴び開始です(^_-)
















トリミングしていますが、画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

大工のげん

Author:大工のげん
加古川の野鳥(新別館)へ、ようこそ!
デジスコ、デジイチ、デジカメ、ミラーレスで、野鳥写真を撮っています(^^♪

検索フォーム
加古川の野鳥(新別館)訪問者数
2019年3月19日開設以降の訪問者数です。
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR