FC2ブログ

夏羽のハジロカイツブリと巣づくり中のカワセミ

孫たちが引き上げて、1週間ぶりの鳥見です (^_-)-☆

いろいろお聞きすると、川向うのダム湖のハジロカイツブリが、一部、夏羽になっているそうです。

早速、出かけてきましたが、かなり、遠いです。

午後は、近くの公園で、カワセミを探しました (^^)/



○夏羽



○冬羽












○嘴に土がついていますので、巣づくりの最中でしょう。






○水浴びを終えると、また、飛び去っていきました。

一部トリミングしていますが、画像をクリックすると、少し、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。
スポンサーサイト



ホウロクシギ

昨日の続きです (^_-)-☆

すぐに見つかったホウロクシギですが、逆光で、しかも、満ち潮に変わっており、やむなく、遠い、土手の上から撮りました。

3羽も、見かけたのは、初めてで、何とか、写っていて、ホッとしています。

今日から、孫たちが帰って来るので、しばらく、鳥見は、お休みです (^^)/

























ノートリミングです。画像をクリックすると、かなり、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

オオソリハシシギ

勤務明けの朝、一番、ご親切なHさんが、河口に、オオソリハシシギとホウロクシギが来ていると、教えてくださいました (^_-)-☆

早速、出かけてみますと、ホウロクシギは、すぐ見つかりましたが、オオソリハシシギは、飛んだ後だったそうです。

そこで、気になるクロジの動きを確認しに山に移動し、帰って来ますと、オオソリハシシギも、帰って来ていました。

明日から、孫たちが帰って来るので、しばらく、鳥見は、お休みです (^^)/



















ノートリミングです。画像をクリックすると、かなり、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

エナガとエナガの巣

久しぶりに、近くの公園に出かけますと、Fさんがお見えで、エナガが巣づくりをしているところを教えてくださいました (^_-)-☆

途中で、Tさんご夫婦も、来られて、話が弾み、同窓会気分です。

気になるのは、近年、エナガの巣が、カラスに襲われて、巣立ちを見ていないことです。

ただ、この付近では、比較的、カラスを見ていないので、何とか、無事、巣立ってもらいたいものです (^^)/










ノートリミングです。画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

オオジュリン

オオジュリンは、ホオジロ科の仲間で、スズメより少し小さい鳥です (^_-)-☆

ヨーロッパから中国東北部、アムール、カムチャツカ、南千島、サハリン、日本などに広く分布して、湿原や草原で繁殖します。

雄の夏羽は、非常に特徴的で、頭部が頭巾をかぶったように真っ黒になります。

一方、秋には南下し、河川、池、沼沿いのヨシ原などで越冬します。日本には、ロシア極東部、サハリン、カムチャツカ、北海道、本州北部で繁殖した個体群が、渡ってきて越冬します。

この時期には、羽も生えかわり、頭部の色は黄褐色になります。

ちなみに、夏羽の頭部の黒色は、春に羽が新たに生えかわるのではなく、秋に生えかわった黄褐色の羽の先端が擦れて、下の方の黒色が現れるのだそうです(以上、山階鳥類研究所HPより)。

今日も、足環をつけたオオジュリンを探しに出かけましたが、見つけられませんでした (^^)/






















ノートリミングです。画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

オオジュリンの夏羽、セッカ、ジョウビタキ、カワセミ

足環をつけたオオジュリンと夏羽のオオジュリンを探しに、今朝も、近くの川の葦原に出かけました (^_-)-☆

かなり、頭の黒くなったオオジュリンは居ますが、足環をつけたオオジュリンは、なかなか、見つけられません。

たくさんの方と一緒に探すと、見つかるかもしれないと思って、Tさん、Hさん、Tuさんにもお願いしましたが、結局、見つけられません。

その代わりという訳でもありませんが、セッカ、ジョウビタキ、カワセミが現れました (^^)/









○かなり、頭が黒くなりかけています。




























写真は撮れませんでしたが、ヒクイナも居るようです(^_-)

ノートリミングです。画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

オオジュリン、メジロ、アオジ

そろそろ、夏羽のオオジュリンが、見られるかもしれないと思って、近くの川の葦原に出かけました (^_-)-☆

残念ながら、まだ、冬羽のままですが、かなりの群れですので、しばらくすると、黒い頭が見られるかもしれません。

ところで、最初の1枚に、足環をつけたオオジュリンが写っていますが、以前、Tさんにお聞きすると、山階鳥類研究所が付けた足環だそうで、もし、文字が読めると、放した場所が解るそうです。

また、今季は、近くの公園の梅林に、メジロが少ないと、みなさん、悩んでおられますが、なぜか、アオジと一緒に、この葦原のなかを飛び回っていました (^^)/

























ノートリミングです。画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

シロチドリとズグロカモメ

そろそろ、ズグロカモメが、夏羽に換羽したころだろうと、河口へ出かけました (^_-)-☆

まだ、すべてではありませんが、すでに、頭が真っ黒になったものも、何羽かいます。

その前を、シロチドリが、忙しげに、走り回っていました (^^)/








































ノートリミングです。画像をクリックすると、ちょこっと、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

梅モズ

ヘラサギとオオジュリンにエスケイプされ、すごすごと、近くの公園に引き上げてきました (^_-)-☆

満開の梅林で、梅メジロを狙ったのですが、これもハズレで、お愛想に、モズが止まってくれました。

オオジュリンの代わりには、葦の陰で、スズメが、お昼寝で、本日は、完敗です (^^)/













ノートリミングです。画像をクリックすると、かなり、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。

ヘラサギとクロジの雌

お隣のまちの池に、別のヘラサギが来ていると教えていただて出かけました (^_-)-☆

着いた途端、風が強すぎて、あまりの寒さに、長時間の撮影は、耐えられないと思いましたが、ヘラサギの方も、遥かかなたの島の陰で、お休み状態です。

すぐに諦めて、クロジ・ポイントに移動して、雌のクロジを探しました (^^)/
















ノートリミングです。画像をクリックすると、かなり、大きくなります。

なお、「大工のげんブログ」は、現在、こちらで更新中です。

旅の情報は、こちらの「加古川からの小さな旅」をご覧ください。
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

大工のげん

Author:大工のげん
加古川の野鳥(新別館)へ、ようこそ!
デジスコ、デジイチ、デジカメ、ミラーレスで、野鳥写真を撮っています(^^♪

検索フォーム
加古川の野鳥(新別館)訪問者数
2019年3月19日開設以降の訪問者数です。
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR