FC2ブログ

カワセミ

朝から、お隣のまちの、カワセミの池へ出かけました。チョコッと、お出ましでしたが、曇り空で、しかも、近くの枝に留まってくれず、一旦、引き上げ、昼食後、リベンジしました。

午後は、お日様も笑顔になり、カワセミもカップルで、何度も、何度も、お出ましで、お蔭で、久しぶりに、デジスコでも捉えることができました。

残念ながら、カメラで捉えることができませんでしたが、ホバリングも、ご披露いただきました^_^;

留鳥です。海岸から低山の河川、湖沼、池などで見られます。木の枝や杭などから直接水中に飛び込んだり、水面上での低空飛行から水中に突っ込んだりして、魚類や水生昆虫類を捕らえます。



ダイビング直前です。



降下。最後まで、足が残っています。



直後。



背中が輝いています。



獲物を狙っています。



巣作りの最中のようです。嘴に土が付いています。

☆ノートリミングです。画像をクリックすると、チョコッと、大きくなります。

どうぞ、「加古川の野鳥」も、ご覧ください。

お蔭さまで、3月は、ブログ皆勤でした^_^;
スポンサーサイト



シメ

いつもの日岡山公園で、鳥見をしていますと、松林の中で、カメラを構えている方がおられます。お訊ねすると、シメが飛び立つ瞬間を狙っていらっしゃるそうです。

まだ、飛び物は無理ですので、いろんな表情をするシメを撮って見ました。

冬鳥です。中部以北の本州と北海道で、少数が繁殖します。平地から山地の林、近くに林のある農耕地、樹林の比較的多い公園で見かけます。樹上や地上で草木の種子を採食します。

厳冬期は、一定の区域内で1羽で生活しますが、春の渡りの時期が近づくと小群になり、群れになって北上します。



上から狙ってみました。



カメラマンを不審者と思っているのでしょうか?



松の種を突いています。



横からのポートレートです。

☆トリミングしていますが、画像をクリックすると、チョコッと、大きくなります。

どうぞ、「加古川の野鳥」も、ご覧ください。

ルリビタキ♂♀&カワセミ

朝方、ルリビタキの♂も♀も、元気に飛びまわっているのを確認してから、午後は、お隣のまちへ、カワセミを探しに出かけました。

尾羽の無くなったルリビタキ♂も心配でしたが、第一ルリビタキポイントが、公園整備で、騒がしいので、お出ましは無いだろうと、第二ポイントを探してみますと、3月8日以来、久しぶりに、ルリビタキ♂がお出ましです。

ルリビタキ♀は、いつもの場所で、元気に、飛びまわり、色んなポーズを取ってくれました。

午後、お隣のまちの公園へ出かけてみますと、既に、10台近いカメラが並んでいますので、きっと、頻繁に、お出ましなのだろうと、ご存じの方にお聞きしてみましたが、朝から、2回だけだそうです。

待つこと、30分で、お出ましでしたが、ヒヨドリのニアミスで、飛び去り、さらに、待つこと、30分で、留まってくれました。



ルリビタキ♂です。こちらは、尾羽があります。



ルリビタキ♀です。



珍しいポーズです。



カワセミ♂です。



残念ながら、背中のブルーが陰になっています。

☆トリミングしていますが、画像をクリックすると、チョコッと、大きくなります。

どうぞ、「加古川の野鳥」も、ご覧ください。
2009-03-29  デジイチ  Comment:6  Trackback:0
このページのトップへ

ルリビタキ♂&♀

如何したのでしょう、日岡山公園では、桜が咲いたというのに、まだ、ルリビタキのオスも、メスも、残っています。

先週の土曜日に居ましたが、もう、帰っただろうと思いながら、念のために、登ってみますと、飛んできました。

でも、ルリビタキの♂は、如何したのか、尾羽がありません。見た感じ、飛ぶのに、特別、問題もないようですが、でも、心配です。

ところで、念のために調べてみますと、尾羽は、先週の土曜日に、確かに、ありました。












こちらは、ルリビタキの♀です。

☆トリミングしていますが、画像をクリックすると、チョコッと、大きくなります。

どうぞ、「加古川の野鳥」も、ご覧ください。
2009-03-28  デジイチ  Comment:2  Trackback:0
このページのトップへ

恋の季節

>写真は、いずれも、昨年のカワセミカップルの様子ですが、野鳥の世界でも、これから、恋の季節が始まります。

この数日前から、元気なカワセミの鳴き声が聞えて、飛び交っているのが見えましたので、デジスコを構えて待っていますと、池のあちらこちらで、微笑ましい姿を見せてくれました。



4月2日、恋のささやきです。



4月2日、巣作りを始めたようで、嘴に土が付いています。



4月2日、仲良く語らっています。



4月3日、巣作り真っ最中です。



4月8日、カワセミの交尾です。

この後、旅に出かけ、確認できませんでしたが、どうも、巣作りは、上手く行かなかったようです。(-_-;

☆ノートリミングです。画像をクリックすると、チョコッと、大きくなります。

どうぞ、「加古川の野鳥」も、ご覧ください。
2009-03-27  デジスコ  Comment:8  Trackback:0
このページのトップへ

トモエガモ♀

 
お恥ずかしいですが、仕事が終わって、お疲れにもかかわらず、今日も、日岡山公園へ、お出かけです。

陽も落ちた、カワセミが来る池に居た、トモエガモ♀ですが、折角ですので、ISOを3200まで上げて、どうなるのか、試してみました。

予想外に、ザラツキも少なく、クリアで、これだと、曇りの日でも、シャッタースピードが上がり、被写体ぶれも、少なくなりそうです(^_^)

冬鳥です。湖沼や池、河川、湿地などで見られます。本州以南の日本海側に多く飛来し、太平洋側には少ないです。

群れで生活するのが普通で、多いときには、500羽を超えるときもありますが、飛来数は年によって、変化が大きく、1,2羽~数十羽程度です。

成鳥♂は、顔に特徴的な模様があり、巴に似ているので、この名前が付いたそうで、♀は、顔の前面に、丸い白ゴマがあります。

因みに、メスは、チョコチョコ見かけますが、仲の良かったオスは、何故か、居所不明です。




☆ノートリミングです。画像をクリックすると、チョコッと、大きくなります。

どうぞ、「加古川の野鳥」も、ご覧ください。
2009-03-26  デジイチ  Comment:2  Trackback:0
このページのトップへ

カイツブリ


正直言って、子供と同じです。仕事が終わって、お疲れにもかかわらず、おニューのD300を持って、日岡山公園へ出かけました。

こんな時間でも、優しく、待っていてくれたのは、カワセミの来る池に現れた、カイツブリです(^_^)

留鳥です。平地から低山の湖沼、池、河川、河口、内湾などで見られます。潜水して、魚類などを捕ります。




☆トリミングしていますが、画像をクリックすると、チョコッと、大きくなります。

どうぞ、「加古川の野鳥」も、ご覧ください。
2009-03-25  デジイチ  Comment:4  Trackback:0
このページのトップへ

NikonD300


先週、ネットで、注文していたNikonD300が、やっと、着きました。早速、試運転に出かけましたが、まだ、機能が良く解りませんし、お相手をしてくれる野鳥も現れてくれません。

唯一、カワセミが来る池のカルガモを撮ってから、公園球場で練習している、高校野球を写して、連写機能を実感しました(^_^)



☆トリミングしていますが、画像をクリックすると、チョコッと、大きくなります。

○ピッチャーと打者とは、連続していません^_^;



























































○お粗末でした^_^;

☆D80は、秒3枚でしたから、D300は、倍のパワーです。早く、カワセミのダイビングなどを狙ってみたいですが、今週は、金曜日まで、勤務です(^^♪

どうぞ、「加古川の野鳥」も、ご覧ください。
2009-03-24  デジイチ  Comment:8  Trackback:0
このページのトップへ

ウグイス

 
ウグイスが、もう、上手に、鳴いています。バーダームッシュさんの、シジュウカラ祭に向けて、動きの速い被写体を撮るため、久しぶりに、AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)を付けて、出かけますと、思わぬ成果がありました。

声はすれども、姿は見せずのウグイスですが、鳴き声を聞いて、見上げてみますと、居ました(^_^)

留鳥です。平地から山地の林、ササ類や灌木の多い高原、薮や植栽の多い公園、庭、川原などで見られます。

繁殖期以外は、薮や垣根を好んで、1羽で生活し、繁殖期は、縄張りを持って生息します。




☆トリミングしていますが、画像をクリックすると、チョコッと、大きくなります。

どうぞ、「加古川の野鳥」も、ご覧ください。
2009-03-23  デジイチ  Comment:2  Trackback:0
このページのトップへ

コゲラ



コゲラは、木を突く瞬間、目をつむっています。バーダームッシュさんの、シジュウカラ祭に向けて、動きの速い被写体を撮るため、久しぶりに、AF-S VR Zoom Nikkor ED 70-300mm F4.5-F5.6G (IF)を付けて、出かけますと、思わぬ成果がありました。

APO 150-500mm F5-6.3 DG OS HSMに比べて、格段に、シャッターチャンスに強く、コゲラが木を突くところを連写しますと、何枚か、目をつむったものがあります。 よく見てみますと、全て、木を突く瞬間です。どうも、粉が、跳ね返って、目に入ると、困るからなのでしょうね(^_^)

留鳥です。平地から山地の林などで見られます。一定の区域内を木から木へと1日中移動し、クモ類、昆虫類を採食します。



○狙いを定めています。



○木を突く瞬間です。。

☆トリミングしていますが、画像をクリックすると、チョコッと、大きくなります。

どうぞ、「加古川の野鳥」も、ご覧ください。
2009-03-22  デジイチ  Comment:6  Trackback:0
このページのトップへ
このページのトップへ
カレンダー
02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
デジスコ (1038)
デジイチ (1069)
デジカメ (643)
ミラーレス (70)
大工のげんブログ (21)
未分類 (21)
プロフィール

大工のげん

Author:大工のげん
加古川の野鳥(新別館)へ、ようこそ!
デジスコ、デジイチ、デジカメ、ミラーレスで、野鳥写真を撮っています(^^♪

検索フォーム
加古川の野鳥(新別館)訪問者数
2019年3月19日開設以降の訪問者数です。
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR