FC2ブログ

オート・フォーカス


デジスコを担いで、鳥撮りに出かけましたが、待てど暮らせど、お出ましになりません。そこで、暇に任せて、プログラム・オートから、絞り優先に、設定を変えて、木の根っこを撮ってみますと、同じ、オート・フォーカスでも、かなりの違いが出ます(@_@)

これまで、プログラム・オートで、撮ってきましたが、これが、オート・フォーカスで合点しながら、ピントハズレを量産した原因なのかもしれません。

☆画像をクリックすると、チョコッと、大きくなります。

①デジカメは、絞り優先設定で、まず、手動で、フィールドスコープのピントリングを異動させて、ピントを合わせ、デジカメのシャッターを半押しして、合点させたもの


手前の根っこに、合点しています。

デジカメは、絞り優先設定で、フィールドスコープのピントリングは、①のままで、中央部を、後ろの切り株に異動させ、デジカメのシャッターを半押しして、オート・フォーカスを作動させ、合点しなかったが、シャッターを切ったもの


後ろの切り株には、合点していません。

②デジカメは、プログラム・オート設定で、まず、手動で、フィールドスコープのピントリングを異動させて、ピントを合わせ、デジカメのシャッターを半押しして、合点させたもの


手前の根っこに、合点しています。

デジカメは、プログラム・オート設定で、フィールドスコープのピントリングは、②のままで、中央部を、後ろの切り株に異動させ、デジカメのシャッターを半押しして、オート・フォーカスを作動させ、合点したので、シャッターを切ったもの


オート・フォーカスでは、後ろの切り株に、合点しているが、実際は、ピントハズレの画像です。

と言うことは、ピント合わせに関しては、絞り優先設定の方が、オート・フォーカスより、シビアなのかもしれませんね^_^; 因みに、デジカメは、NikonのCoolpixP5100でした。 

どうぞ、「加古川の野鳥」も、ご覧ください。
スポンサーサイト



カワセミ


久方ぶりに晴れた、昨日の休業日は、お隣のまちのカワセミの居る公園へ出かけました。

先客がおられて、尋ねてみますと、既に、お出ましだそうです。早速、デジスコをセットして、狙ってみましたが、遥か彼方で、絵にならず、しかも、何度か、ダイビングを繰り返した後、飛び去ってしまいました。

その後、待つこと、1時間、チィ~・チィ~の鳴き声とともに、お出ましで、かなり近くの枝に留まって、獲物を狙っています。

記事を保存

byデジスコ

しかも、今度は、上手く、獲物をゲットし、食後、満足して、飛び去りましたので、げんさんも、大満足で、撤退しました^_^;



byデジイチ

☆トリミングしていますが、画像をクリックすると、チョコッと、大きくなります。

どうぞ、「加古川の野鳥」も、ご覧ください。

Flash:加古川の野鳥byデジイチ

Flash続きで恐縮ですが、デジイチで撮った野鳥写真を、Flashにまとめてみました。

昨日は、デジイチで撮った写真で、今日は、デジイチで撮ったものです。もちろん、どの写真も、大きくトリミングしています^_^;


どうぞ、「加古川の野鳥」も、ご覧ください。

Flash:加古川の野鳥byデジスコ

デジスコで撮った野鳥写真を、Flashにまとめてみました。

昨日も、Flashで、冬の野鳥をまとめて、upしたのですが、規約違反かもしれないと教えていただいたので、躊躇なく、削除してしまいました。

その後、あちこち、調べてみると、wikiを使って、別のサーバー上のFlashを、貼り付けることは、問題無さそうです。

そんな訳で、昨日、コメントくださった方には、無断で、削除してしまって、申し訳ございませんでした。


どうぞ、「加古川の野鳥」も、ご覧ください。

ジョウビタキ♀


何となく、そんな気がして、昨年のルリビタキポイントを覗いてみますと、ジョウビタキ♀が、地上で、餌を啄んでいます。

しかも、不思議なことに、こちらでも、ルリビタキ♂と縄張り争いをしていますが、この日だけでは、どんな力関係なのか、よく解りません。

また、覗いてみます^_^;

☆トリミングしていますが、画像をクリックすると、チョコッと、大きくなります。

つぶらな瞳が、とても、魅力的です。



ゆったりと佇む、ジョウビタキ♀



見返り美人風の、ジョウビタキ♂



凛々しい、ジョウビタキ♂



この日は、この後、ルリビタキ♂が現れました。 どうぞ、「加古川の野鳥」も、ご覧ください。

メジロ祭協賛:梅メジロ


近くの公園の梅林では、梅の花が咲きはじめ、メジロが忙しげに飛び回っています。

美味しい蜜を求めて、驚くばかりのアクロバットスタイルが見られます。

☆トリミングしていますが、画像をクリックすると、チョコッと、大きくなります。

ばぁ~



おっとっと~



いらっしゃ~い



なぬ~



どうぞ、「加古川の野鳥」も、ご覧ください。

ルリビタキ♂


餌が少なくなったからでしょうか、いつものルリビタキポイントでの動きが、忙しくなっています。

そこで、2月21日、何気なく、昨年のルリビタキポイントを覗いてみますと、ゆったりと、地上で、餌を啄んでいます。しかも、不思議なことに、こちらでも、ジョウビタキ♀と縄張り争うをしていました。

☆トリミングしていますが、画像をクリックすると、チョコッと、大きくなります。

ジョウビタキ♀が去った後、ゆったりと、餌を探すルリビタキ♂



見返り美人スタイルのルリビタキ♂



ゆったりとしたジョウビタキ♂



切り株の上で、ご機嫌のジョウビタキ♂



どうぞ、「加古川の野鳥」も、ご覧ください。

シメ


ルリビタキポイントで、お出ましを待っていると、出てきました。

冬鳥。中部以北の本州と北海道で、少数が繁殖。平地から山地の林、近くに林のある農耕地、樹林の比較的多い公園で見かけます。樹上や地上で草木の種子を採食します。

厳冬期は、一定の区域内で1羽で生活しますが、春の渡りの時期が近づくと小群になり、群れになって北上します。

☆画像をクリックすると、チョコッと、大きくなります。大きく、トリミングしています。

☆都合で、明日、お休みしますので、これは、2月21日(土)分で~す(^^♪
    
嘴が、特に、印象的です。



何となく、バテレンのイメージがします。



どうぞ、「加古川の野鳥」も、ご覧ください。

ジョウビタキ♀


冬鳥。チベットから中国東北部、沿海州、バイカル湖周辺で繁殖し、非繁殖期に、日本へも飛来します。

市街地から低山の花壇や植栽地の多い公園、農耕地、川原などで見られます。昆虫類やクモ類、それに、さまざまな木の実も食べます。

☆画像をクリックすると、チョコッと、大きくなります。
    
ふっくらして、元気イッパイです。



公園整備工事用のタフロープに留まっています。



「文化財を大切に」の標柱に留まっています。



どうぞ、「加古川の野鳥」も、ご覧ください。

トモエガモ


カワセミの居る池に、大砲が並んでいますので、久しぶりに、お出ましかと思って聞いてみると、トモエガモが居ると言うことです。8年間、野鳥写真を撮っておられる方も、初めて見たそうです。

冬鳥。湖沼や池、河川、湿地などで見られます。本州以南の日本海側に多く飛来し、太平洋側には少ないです。群れで生活するのが普通で、多いときには、500羽を超えるときもありますが、飛来数は年によって、変化が大きく、1,2羽~数十羽程度です。

成鳥♂は、顔に特徴的な模様があり、巴に似ているので、この名前が付いたそうで、♀は、顔の前面に、丸い白ゴマがあります。

☆画像をクリックすると、チョコッと、大きくなります。
    
そういえば、顔の模様、巴に見えないこともないです。



カルガモと一緒に泳いでいます。



どうぞ、「加古川の野鳥」も、ご覧ください。
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

大工のげん

Author:大工のげん
加古川の野鳥(新別館)へ、ようこそ!
デジスコ、デジイチ、デジカメ、ミラーレスで、野鳥写真を撮っています(^^♪

検索フォーム
加古川の野鳥(新別館)訪問者数
2019年3月19日開設以降の訪問者数です。
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR