fc2ブログ

オオタカ日記Ⅲ

2021年の春、日々の散策コースで、見かけた、オオタカの子育ての状況を振り返って、時系列的に、書きとどめます。
今回は、雛が孵って、顔を見せ、一番の見せ場です。

〇2022年5月26日:昨日、やっと、雛の姿を捕らえましたが、今朝、覗いてみますと、なかなか、その全容を表してくれません。

IMG_6136c.jpg

IMG_6140c.jpg

□やっと、1羽が顔を見せました

〇2022年5月27日:このオオタカ日記の一番の見せ場になりました。散策路には、どなたも居られませんので、9時17分から9時28分まで、10分以上に亘って、藪の中から、丁度、ブラインドテントから撮影している感じで、手持ちで、デジカメながら、親が餌を運んできて、雛に与える姿や教育している姿が、つぶさに、見られました。

IMG_6177c.jpg

IMG_6211c.jpg

□左側から、親がやってきました。

IMG_6264c.jpg

IMG_6281c.jpg

□親は、運んできた餌を仕分けているようですが、3羽の雛が顔を見せます。

IMG_6345c.jpg

IMG_6370c.jpg

IMG_6386c.jpg

IMG_6399c.jpg

IMG_6439c.jpg

□親は、辺りの様子を警戒して窺いながら、雛に、いろいろ、教えているようです。

IMG_6459c.jpg

IMG_6540c.jpg

IMG_6544c.jpg

IMG_6558c.jpg

□左側から別の親がやって来て、右側へ抜けていきました。

〇まだまだ、続きます
スポンサーサイト



オオタカ日記Ⅱ

2021年の春、日々の散策コースで、見かけた、オオタカの子育ての状況を振り返って書きとどめます。

〇2022年4月26日:この巣は、公園内の散策コースで、ゆったりと、抱卵しているわけにもいきませんが、気分転換に、立ち上がったりするそうです。

IMG_3059b.jpg

□巣で立ち上がった、オオタカ

〇2022年4月30日:オオタカに気付かれる前に、シャッターを切るのが、ポイントで、まだ、雛は孵っていないようです。

IMG_3071b.jpg

□巣で立ち上がった、オオタカ

〇2022年5月7日:まだ、抱卵中で、腰を下ろして、辺りの様子を窺っています。

IMG_3815b.jpg

□腰を下ろして、抱卵中のオオタカ

〇2022年5月8日:まだ、抱卵中ですが、立ち上がって、辺りの様子を警戒して窺っています。

IMG_3995b.jpg

IMG_4001b.jpg

□立ち上がって、辺りの様子を警戒して窺っている、オオタカ

〇2022年5月10日:まだ、抱卵中ですが、辺りの様子を警戒して窺っています。

IMG_4033b.jpg

IMG_4047b.jpg

IMG_4060b.jpg

□辺りの様子を警戒して窺っている、オオタカ

〇2022年5月18日:まだ、抱卵中ですが、辺りの様子を警戒して窺っています。

IMG_5060b.jpg

IMG_5066b.jpg

□辺りの様子を警戒して窺っている、オオタカ

〇2022年5月25日:オオタカの雛が孵ったようで、巣穴では、2羽の雛が見えます。抱卵日数は第1卵が最も長く38~42日間で、第2卵は35~38日間、第3卵は34~36日間となるそうです。

IMG_5893b.jpg

IMG_5961b.jpg

□孵った、オオタカの雛

〇続く

オオタカ日記Ⅰ

2021年の春、日々の散策コースで、見かけた、オオタカの子育ての状況を振り返って書きとどめます。

〇2022年3月20日:周りの木が伐採され、昨年まで、遥か下まで降りて行かないと、見えなかった、オオタカの古い巣が、散歩道から、丸見えになりました。

IMG_0222a.jpg
□丸見えになった古いオオタカの巣

〇2022年4月10日:その古い巣の周辺で、何度か、目撃されたオオタカの姿を、やっと、捕らえることができましたが、そのときは、まさか、巣づくりをしているとは思わず、ただ単に、オオタカの写真が撮れたと、喜んでいました。

IMG_2165a.jpg

IMG_2226a.jpg

IMG_2380b.jpg
□古い巣にやって来た、オオタカ

〇2022年4月16日:その後、何度、覗いても、見かけることがなかった、オオタカですが、どうやら、すでに、営巣し、抱卵していたようです。

IMG_2941d.jpg
□腰を下ろして、抱卵中のオオタカ
〇続く

オオタカの巣

今朝一番の用務は、家内をリハビリのため、整形外科に送迎することで、終了後、喫茶店のモーニングサービスで、早めの昼食を済ませてから、帰宅です

今日の星座占いは、2番でしたので、何か、素敵な鳥に出会えるかもしれないと期待して、7000歩ノルマ達成に出かけましたが、オオタカの幼鳥の鳴き声とホトトギスの囀りを聞いただけで、結局、オオタカの巣の前で、シャッターを切っただけで帰宅です。

夕方、アジサイの花に水をやっているとき、モチノキとサザンカの新芽が伸びて、その新芽に、虫に食われているのを見付け、少し、日差しが弱まった4時近くから、先ず、植木の剪定にかかり、少しばかり、型が付いたころを見はからって、薬剤散布をし、とりあえず、今日の分の作業を終了です。

残りを確認してみると、まだ、半分以上残っていますし、明日から、益々、酷暑が続くようですので、明日以降が、とても、心配です

IMG_9156v.jpg

ノートリミングです。画像を、新しいウインドウで、二度、開くと、ちょこっと、大きくなります。

「平成ホームページ・リフレッシュ委員会」は、何とか、表示されますが、書き込み不能に、陥ったままです。

カルガモの親子、オオタカの巣、トビ

今朝のテレビの星座占いは、久しぶりに1番でしたので、昨日のカルガモ探しに、リベンジしてみようと、車で出かけてみますと、駐車して、5歩も、歩かないうちに、見つけました

何枚か、シャッターを切った後、バンも居ないか探してみましたが、こちらは、不明で、そのまま、いったん帰宅し、車を止めてから、いつものように、7000歩ノルマ達成を目指して、サッカー場横の池から歩き始めました。

オオタカフィーバーのときには、山のように、止まっていた車が、1台も、ありませんので、安心して登って行きますと、予想通り、どなたも居られませんし、巣も、蛻の殻(もぬけのから)ですが、餌をねだる、幼鳥の鳴き声がします。

ひょっとして、高圧線の鉄塔に止まっていないか、展望所に上って、覗いてみましたが、期待に反して、トビが止まっているだけで、帰りに、再度、オオタカポイントに、やってきますと、お一人、カメラを構えておられましたので、お聞きすると、鳴き声がするので、やってこないかと、待っておられるそうです

IMG_9097v.jpg

IMG_9112v.jpg

IMG_9118v.jpg

IMG_9129v.jpg

IMG_9156v.jpg

IMG_9178v.jpg

IMG_9183v.jpg

ノートリミングです。画像を、新しいウインドウで、二度、開くと、ちょこっと、大きくなります。

「平成ホームページ・リフレッシュ委員会」は、何とか、表示されますが、書き込み不能に、陥ったままです。
カレンダー
06 | 2022/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
プロフィール

大工のげん

Author:大工のげん
加古川の野鳥(新別館)へ、ようこそ!
デジスコ、デジイチ、デジカメ、ミラーレスで、野鳥写真を撮っています(^^♪

検索フォーム
加古川の野鳥(新別館)訪問者数
2019年3月19日開設以降の訪問者数です。
リンク
月別アーカイブ
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR